2017年9月21日木曜日

キャプテンネモの感想が届きました

ムラの友人
キャプテンネモをマチソワで観劇したそうです。


感想が届いたので、アップしますね。



キャプテンネモ


ヅカファンだからこそ言わずにいられない     辛口です





結論から言うと残念でした💦





 生徒は頑張ってた。だけど、全然面白くない!


話がつまらない
音楽、歌詞も曲もよくない


何度かある長めのダンスもいまいちワクワクしない


曲が良くないのか、振付なのか?もう一度見てみたいと思えない。



お話の焦点は何なんでしょうか?



事前情報なしで観劇していたので、帰宅してチラシを読んで



ああ、そういう話だったのかと...


でも、チラシ記載の内容と現実の舞台に乖離があると思います



類稀なる英知をもって地上の楽園を創り上げようとした孤高の美学 云々】

 う〜ん  う〜ん  そうだったんだ!!!


おまじないみたいな台詞をインドのお姫様がいうのですが、


このお姫様の役割は何❓


娘役さんが何人もうっとりした顔でネモ船長に絡むシーンが、カリスマ教祖に堕ちた信者みたいでした。


恋愛についても、え、そうだったの❓
一緒に死を選ぶほどの関係にいつのまになっちゃったの❓







納得できない感、山盛り


ネタバレも、え、そういう展開❓
色々なエピソードを入れ過ぎて、話がややこしい


要は、この話の中心は何かが、よくわからなかった。


消化不良で   モヤモヤ感だけ残る
本がよくないのでしょうね



本はさておき、


光ってた生徒さん、野々花ひまりちゃん
容姿、声、ダンス、演技すべて良い。華やかさがある  これから楽しみ


誰かわからないけど、カッコイイ男役がいると思い、
帰宅後乙女で確認。


彩海せら君でした。
ダンスに惹きつけられ、オペラで覗いてみて


お顔が綺麗、声がいい、滑舌いいなと
可能性が凄く感じられた



最後に  さきちゃん(彩風咲奈)


ストーリーはさておき 素敵な船長さんでした。



背が高い  手足が長い  足が細い。優しくて甘い声  目が優しい


私見ですが、峰ちゃん(峰さを理)に似てると...
哀しみのコルドバのエリオが見たいと思わせる
2枚目でした。


これからも頑張って下さい



以上でした。


私は、今回は、観劇しませんでした。
チケットも余っていたようですが、、、





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月17日日曜日

月組新人公演の感想が届きました。

久しぶりにムラの友人から東京月組新人公演の感想が届きました。




レンコン(蓮つかさ)の新人公演、幸いにも宝塚と東京 両方観劇できました。
宝塚でも充分な出来だと感じたが、東京は余裕もでき、安心の出来栄え。


レンコンの魅力は、 声の質、歌唱力、滑舌の良さ。


背も高いだけでなく、手足が長い。そしてイケメンだ !
心配だった挨拶も立派でした😁



どうして今まで主演がまわってこなかったのか?
実力は絶対にある‼️


何か遠慮してる感とか、自信なさげなところが運を逃してたのかしら...



ありちゃん(暁千星)という絶対的なスターがいるので不運というしかないが、これからはもっともっと輝いていくであろうスターだと確信している。



遠征ついでに翌日、本公演を観劇した。
宝塚の時よりも全体的に、ものすごく良くなっていた。


組としての一体感、立廻りのテンポの良さと迫力 (たまきち頑張ったね)


レンコンも今回の新人公演を経て、ひとまわりもふたまわりも大きくなったように見えた。

特に、フィナーレの男役ダンスが、男前でキレキレでカッコよくて目が離せなかった。



再び、新人公演の話にもどると、
今回の作品は何と言っても立廻りが難しい。
何度もおおがかりな殺陣がある。


月組の下級生だけでの立廻りが、できるのだろうかと思っていたが杞憂だった。
遜色ない 出来栄えで、感心した。


どれほど練習したんだろう...


全員が頑張ったのだなと思います。


月組の下級生男役は粒ぞろいで目がいくつあっても足りなーい。 
だから、新人公演が楽しみでたまらないのである 。
観劇できて良かった。



主役級のメンバー以外では

佳城葵、音風せいや、蒼真せれん、英かおと、蘭尚樹、 空城ゆう、
天紫珠李、彩音星凪、蘭世惠翔 などが目立ってました。


これ程、揃ってる組はない。
これからの月組 ますます楽しみです。



以上が感想でした。


私は、この日の本公演を観劇しました。
初日よりもさらにパワーアップした立ち回りに


感心しきりでした。


笑いの箇所が、ほんの少しだけど初日と違いました。
その日の演者の間や、観客のつぼが違うと笑いどころが違うのだなあと
感じました。


新人公演も観劇したかったなぁ。
とても完成度が高い新人公演だったようですね。


月組は下級生でもしっかりしているという感想を持っている友人が多いです。


なぜだろうと思っていました。その訳が



今月の「歌劇」の専科部屋で汝鳥伶さんと轟悠さんの対談で語っています。


轟悠さんが月組下級生時代の上級生を


「皆様、それぞれキャラクターも濃くて個性もおありで。ご自身の主張をきちんとなさる。それだけプライドや責任感をすごくお持ちでした。」


と話されています。


今でも、この手の話は月組に移動された生徒や、月から他の組に移動した
生徒がよく話しています。


今も脈々と続いているのでしょうね。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月10日日曜日

琥珀色の雨にぬれてを観劇

だいもん(望海風斗)の出身地神奈川県の相模大野公演を
観劇して来ました。


だいもんは横浜出身です。


琥珀、だいもんにあうのかなと心配していましたが、
無垢な好青年を難なく演じていて、驚きました。


だいもんと言えば、アルカポネ、ドンジュアンの印象が強すぎて
クロードのイメージがなかった。


素敵でしたよ!
シャロンに恋する瞳にキュンとしてしまいました。


きいちゃん(真彩希帆)のシャロンも健闘してました。
タッパがあるので、ドレスがよく似合ってました。


しょー君(彩凪翔)のルイ。育ちが良さそうに見えて、
ガツガツ感があったほうがいいような・・・


星南のぞみのフランソワーズ、これね、すごい難しい役だと思う。
以前、演じてた遠野あすかが、上手かったのだと再認識。


まなはる(真那春人)ミシェル、フランソワーズの兄。
好青年を卒なく演じてました。



"D"ramatic S! だいもんが1人頑張ってる感じ。
ちょっと辛辣ですが、他が下手すぎる。
だいもんが1人際立ってました。



しょー君、まなはる、かりちゃん達が、歌が弱いから
だいもんとの差が際立つ。


このショーはちぎ(早霧せいな)のさよなら作品で、
あまりにも再演するには早すぎると友人たちが口々に言っていました。



衣装もほぼ、同じらしく、ちぎか?と思ってしまうらしいです。
他の作品にできなかったのか?と言っていました。


だいもんはすごくよかったですよ。
歌唱力が抜群で、トップですという感じ。


ちぎは、歌唱力が弱かったので、みんなで一つのショーを作ってる。
今回は、だいもんが1人でショーを成立してる感じでした。


いいことなのか?どうなのか?
わかりませんが、早く雪組全員集合した舞台を見たいと
思いましたよ。


それにしても今回の琥珀のメンバーが弱すぎて、
ひとこ(永遠輝せあ)だけでも琥珀に入れて欲しかった。


叶ゆうりも欲しかった。
星南のぞみじゃなくて、野々花ひまりでもよかったのでは
ないだろうか?と書きながら欲が出てくる。笑


とにかく、だいもん!トップ就任おめでとうございます。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月3日日曜日

ハイカラさんの配役が全部出ましたね。

「ハイカラさんが通る」の全部の配役がやっと出ました。


濃い濃いキャラクターが多いこの作品。
ずっと気になってました。


伊集院 忍 柚香 光
花村 紅緒 華 優希


伊集院伯爵 英真 なおき
伊集院伯爵夫人 芽吹 幸奈
花村 政次郎 冴月 瑠那


如月 鞠花 ゆめ
牛五郎 天真 みちる
青江 冬星 鳳月 杏


花乃屋 吉次 桜咲 彩花
狸小路伯爵 舞月 なぎさ
鈴木 和海 しょう


ラリサ 華雅 りりか
ばあや 新菜 かほ
鬼島 森吾 水美 舞斗


図師 桜舞 しおん
印念中佐 矢吹 世奈
北小路 環 城妃 美伶


青江 須磨子 春妃 うらら
有明 峰果 とわ
高屋敷 要 亜蓮 冬馬


藤枝 蘭丸 聖乃 あすか
野路 和 礼彩
丸葉 翼 杏寿
北原 太凰 旬



驚いたのが、印念中佐 矢吹 世奈
どんな印念中佐になるのか?


舞月 なぎさの狸小路伯爵。どんな化粧?扮装になるのか?


楽しみです。


ちなつ(鳳月杏)と同期のゆめ(鞠花 ゆめ)の役が、如月と
たそ(天真 みちる)は牛五郎は予想通りの配役。


たそ本人も牛(牛五郎)をすると予想してただろうね。
どんな牛になるのか!
楽しみ楽しみ。



専科のエマさん(英真 なおき)、ハゲ頭にするのかなぁ・・・



ちなつの編集長も楽しみなんだけどポスターの髪の色は違うと思う。
もう少し、明るい色が私のイメージなのです。


変えてくるかなあ?



ちょっと心配。


どんな風に小柳先生が料理するのか?
楽しみです。


壁ドンあるかな?
ちなつとはなちゃん(華 優希)のキスシーンあるかな
あるといいなぁ


壁ドンしたら、関東大震災!
編集長と紅緒の結婚式ができなくなる。


という風にしてくれないかなぁ




一抹の不安は髪色もだけど、はなちゃんとちなつの並びが
大人と子どもにならないかと心配です。


はなちゃん、頑張ってね。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

月組初日観劇

9月1日金曜日
レビュー記念日に東京宝塚劇場で観劇


ノベルティ貰いました。




まだ、開封してません!




すごく、楽しかったです。
めっちゃハッキリ言い切ります。
花組の邪馬台国と比べては、


いけないけど 雲泥の差です。





運良く良席で観劇
上手寄りでしたので、例の壁ドンも
目の前でした!

胸キュンというより、舞台映えするたまきち(珠城りょう)とチャピ(愛希れいか)の大きさに やはりタッパは、あった方がいいなあ〜


とにかく、レイピアを持って舞台を所狭しと男役達が立ち回り、走る!


かっこいいし、目が幾つあっても足らない!


たまきちの安定の体格!(笑)
とし(宇月颯)のキレのある動き!
みやちゃん(美弥るりか)の色気!


れいこ(月城かなと)の、れいこの真面目な可笑しさ!でも、
綺麗。


ありちゃん(暁千星)の可愛いこと!
チャピの堂々としたヒロイン!
何をやらせても上手いから安心。


くらま(沙央くらま)は、よく脚出させたなあと
何やっても同じに見える。下手でもないし上手くもないかなぁ
(ファンの方ごめんなさい。)


ヒロさん(一樹千尋)はマゼラン。
悪役に見えるけどそうじゃないの
「御意」の最後のセリフが



さすがです。


他にもたくさん、書きたい生徒さんはいるけど
目が足りなくて見れませんでした。


あと、2回は観劇できそうなので、次回は他の生徒さんも見なきゃ!



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年8月23日水曜日

星組新人公演主演に星蘭ひとみって!

まずは、

しん君!(極美慎)、新人公演初主演
おめでとう!


ひとみちゃん(星蘭ひとみ)もおめでとう。



しん君はスカピンでもアルマンを卒なく演じていて
これから成長する予感がしていた。


ひとみちゃんは、どう考えても
美貌で選ばれただけでしょ!


初主演のしん君の足を引っ張ることに
ならないか?心配です。


ひとみちゃん、稽古してよ!
特に歌!



あーちゃん(綺咲愛里)の役だから
難しい曲は来ないとは思うけどね。笑



しかし、このところの劇団の
人事に不信感がいっぱいです。


宙組の次回作が少女漫画(天は赤い河のほとり)の
原作をミュージカル化するという発表をみて


女子高校生が主演の話なのか!



だからまどか(星風まどか)なのか!と



じゃ、その次はどうするの?
などなど疑問と不信が混ざった複雑な心境。


劇団は何を考えているのか!
と怒りを持ちながらも
通ってしまう愚かな私です。


長いことファンをしていると
いろんな人事を見てきたから



流されて、受け入れてしまうけどね。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年8月17日木曜日

鳳月杏さま、ステージカレンダー登場

「邪馬台国の風」がチケット難で
ようやく、2回観劇しただけ・・・



なんでだ?



「サンテ効果だろう」


とファンは言っている。
確かに、楽しい。



でも、あの芝居は変更があっても
眠い。
忍耐力が試される。


邪馬台国をパスして、
「Sante!!」だけ観たい。
しかし、そんな勇気もなく・・・


次回の公演もやはり
大人しく観るのだろう。


私って、大人!だと
自分で褒めてる。




そして、来年2018年のカレンダーの
発表。


「ステージカレンダーにちなつが掲載されるよ」
と友人かおちゃんから連絡。


嬉しい、ご連絡有難うございます。
電車の中でしたが、
嬉しくて、心の中で、


ダンス!ダンス!ダンス!
踊ってました。


あくまで、心の中でです。


どのステージ写真でしょうね
金色の砂漠か?
マイヒーローか?

何れにしても
11月10日の発売が楽しみです。


ちなつ!おめでとう!




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村