2017年4月26日水曜日

宝塚歌劇初観劇の姪の反応。

姪、20代前半。

ほとんど、海外で生活してきた。

見た目、日本人。

中身は、アメリカ人。

よく夜の日比谷の劇場の前を通るらしい。

その折に、ファンクラブの方達が、同じものを

持って、並ぶ姿を不思議に思っていたらしい。

一度、写メがラインに送られて来たことがあった。

『これは何してるの?異様なんだけど・・・』


そうよね、知らない人にはこの光景は異様なのね。


という訳で、説明するより

百聞は一見に如かず!

連れて行きました。

宙組公演『王妃の館』


姪の感想

面白かった。男役にハマる気持ちがよくわかった。

北白川役の人と編集者の早見リツ子役の人がよかった。


ショーの、客席降りをした時の

お客さんの表情がキラキラしてるのが、

驚いた。ハイタッチが、嬉しいのは

AKBみたいなんだね

という感想。



色々質問もされました。

何組があるの?、

どこの組が優れているとかあるの?

平均年齢は?

本当にキスしてるの?

どうやって、トップは選ばれるの?

何年で、トップになれるの?

おじいさん、おばあさん役は誰がするの?

などなど、質問攻めにあいました。


全員未婚の女性で、

おじいさんもおばあさんも演じるよと

答えたら、感心していました。


いろんな演目をしているので、

どれも連れて行きたいけど、

チケット代がかさむので、

一年に一回くらい連れて行こうかなぁ。


さて、王妃の館、まーさま(朝夏まなと)と

あいちゃん(愛月ひかる)がパワーアップしてました。

りく(蒼羽りく)もあのキャラが板についてて、

ショーで銀橋でウインク飛ばしてくれたのですが、

男役というか、お○まさんに投げキッスされた

ような感じでした。不思議な色気でした。

とにかく、王妃の館は

面白かったです。

客席も笑い声で包まれていました。


VIVA FESTAのプロローグ。

客席降りも楽しかったし、

前から7列で上手よりの席だったので、

花道の生徒さんがよく見えて、

ニコニコ、エールを送ったら

みんな笑顔で返してくれたり

投げキッスしてくれたり

指差してくれたり、

嬉しかったです。

よさこいもよかった。

思わず、「ソーラン宙組」と

一緒に歌ってました。

りくの牛の場面も迫力があり

宙組の男役のスケールが大きさに

ワクワクしました。

黒燕尾も素敵でした。

ミリオン(実咲凜音)とマー様の

ディエットダンスに胸が熱くなり

ミリオンの幸せがこちらまで伝わります。

もちろん、マー様の優しさもです。



そうそう、姪が

「幕が降りたら、みんな速攻で帰るのね?」

アンコールとかしないのが不思議だと言われてしまいました。

そういえば、可笑しいですね。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

さきちゃん、復帰良かった。

さきちゃん(彩風咲奈)復帰、おめでとう。

早い復帰、やはりインフルだったのかな?

風の便りで三番手羽を背負って降りてきたとか!

今回、肩からの羽だったらトップは難しいだろうと

聞いていました。

「今回の羽で将来がわかるのよ」

と私よりもお姉さん、お兄さんファンの方達が

口々に話していましたので、

気になっていました。

次回は日本青年館と梅田のシアタードラマシティの

両方での主演が決まっていたので、

もう、三番手は確実でしょとは思っていたので、

よかった。

でも、気を緩めず精進してほしい。

特に歌!

ダイモン(望海風斗)を支えるためにもね。


本日は、初宝塚歌劇を観劇する姪を連れて行きます。

宙組公演です。

どんな反応だろう?




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月21日金曜日

雪組初日ですね

さき(彩風咲奈)の初日前の衝撃の休演

代役は、ひとこ(永遠輝せあ)。

ひとこの代役がちさと(縣千)

ちさとの代役がちさとの同期の日和春磨君


この代役のチャンスをものにして飛躍してください。

スカステの初日の映像が楽しみです。

それにしてもさきどうしたのだろう?

インフル?

公式ホームページには怪我とは書いてない。



ところで、スカステの乙女ステーションという番組が

好きで、必ず見てます。

娘役さんのトークも楽しみですが、

髪型の作り方を見るのが楽しみ。

ロングセラーにしたいと思ってしまう番組です。

今回は、Vol10

星組の夢妃杏瑠さんと

下級生が紫りらちゃんと華鳥礼良ちゃん。

今回から宝塚大劇場のホールで座ってトークしてます。

この二人がが並んで座っているのですが、

りらちゃんが小さいから華鳥礼良ちゃんが

ものすごくでかく見えて

一瞬、ニューハーフに見える。

カメラのアングルも悪いと思うけど

華鳥礼良ちゃんって

大きいのですね。

隣が、りらちゃんだから余計に大きくみえる。

外出している映像は、ニューハーフ感はなく

可愛いのに

あの、黒の服とカメラアングルが

とても残念です。






ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月14日金曜日

宙組新人公演(東京)をみた

宙組「王妃の館」新人公演を観劇

総論、新人公演らしい公演だった。

これって、褒めてないです。

本公演の上級生がいかに上手いかということがわかった。


留依蒔世(北白川右京)

歌が上手い、滑舌も良く

安心してみれましたよ。

水を得た魚のようにのびのびと演じていた。

やっと得た主演だったので、

嬉しかったでしょう。

今回の中ではまずまず良かった。

コメディは、難しい中、一人よかった。


遥羽らら(桜井玲子)

声も良くて滑舌もいい。歌もまずまず

ただ、髪型が良くなかった。

なんとかならなかったのかなぁ。

本公演で子役を演じていた経験が多いので、

時々、表情が子どもっぽいのが気になった。

語学が堪能で、会社の社長には見えない。

ただの、添乗員に見えたのが、残念。


鷹羽千空(ルイ14世)

前半、地に足がついてないような感じ。

衣装と杖をどうしたら良いのか?

まだまだ試行錯誤している感じだった。

でも、歌唱力があるのが強み。

これからも精進して頑張って欲しい。



秋奈るい(下田夫)

すごくよかった。

キャラがしっかりとしていたので、

見ていて、納得もする。


妻役の天瀬はつひは、笑顔がキーポイントなのに

笑顔に見えない。


優希しおん(近藤誠)

なかなか面白くてよかったです。


愛海ひかる(クレヨン)はおかまに見えない。

可愛すぎる。

本当の女の子に見える

本役の蒼羽りくがおかま感がたっぷりだったから

役が合ってないのだろう。


瑠風輝(金沢貫一)

やはり新公演主演を2度の経験が

大きい。

しっかりとキャラも作り入り込んでる。

さすがだなあと感心。


小春乃さよ(早見リツ子)

本役の純矢ちとせと比べると

おとなしい。目立たない。



潤奈すばる(丹野夫)と雪乃かさり(丹野妻)

うーん、キャラが立ってなくて、

全く、目立たない。

本役の二人が上手いのだということがよーくわかった。



真名瀬みら(ピーエル)

本公演を観たときに

美味しい役だなと思ったけど、

思わなかった。

和希そらがチャーミングなんだなと

いうことがわかった。



希峰かなた(戸川光男)

本役を踏襲していました。

まずまずの出来かなと思いました。


華妃まいあ(ミチル)

スタイル、声も良くて

可愛かった。

応援してます。

笑顔がかわい。




前回月組の新人公演が素晴らしかったので

期待して観劇しましたが、

正直、がっかりです。


かなり辛口な感想なりました。

もう少し、詳しく書きたいのですが、

眠いのでこれでおしまい。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月4日火曜日

王妃の館観劇、楽しかった!

4月2日、

午前中は、次男の大学の入学式に行ってきました。

桜はまだ、満開ではなかったのが残念。

でも、これで一安心なので、

観劇生活を満喫できるかなぁ
(諭吉ちゃんの続く限り・・・)

さて、15時半公演を観劇してまいりました。

元星組トップスターの湖月わたるさんが

観劇に来られていました。

現役時代と変わらず素敵でしたよ!


今回は9列のほぼセンターでしたので

全体がよく見え観劇しやすかったです。


王妃は、評判通り、出演者一人一人の

キャラが面白い。

特に、まー様(朝夏まなと)北白川右京、

クレヨンこと黒岩源太郎(蒼羽りく)と

大阪弁で苦労したあいちゃん(愛月ひかる)

近藤誠(澄輝さやと)も面白かったなぁ


もちろん、真風も!

ミリオン(実咲凛音)の衣装が3通りしかなかった。

エリザベートでは20回も着替えたと聞いていたので

「落ち着いて舞台出ているやん」

などとお芝居と関係のない感想。


最初は、笑いの連続でした。

春休みなので、小学生の女の子が

周りに多かったので、

笑い声が可愛い。

そして、よく笑う。

つられて、私も笑ってました。


でも、終わりは、

ホロリとする結末でした。




アドリブもあったのかもしれませんが、

初回なので、わかりません。

千秋楽近くだともっと面白いかも


気楽に見れる娯楽ですので、

おすすめです。


ショーのVIVA ! FESTA!

客席降りがあって、盛り上がります。

2階席にも下級生が行くそうです。

マー君と蒼羽りくの闘牛場の場面は

りくが迫力があって見応えがありました。

かなりの体力がいるでしょう。

結構長いのです。


ソーラン節の場面もワクワクします。

そして、黒燕尾のダンスの振りも

よかった。

両脇から二人くらい走りながら

足を高く上げて、ポーズを取るのが

ほとんどみんな高〜く足が上がって

素敵でした。

もう、鍛錬の賜物です。



身長が高いメンバーが多いので、

他組の黒燕尾のダンスより

迫力があります。

その中で、和希そらが頑張ってますよ!

身長が低いけど、目立つ。

動きが良いので、つい見てしまいます。

他のダンスの場面でも

「小さいのに頑張ってるわ」と

つい応援してしまいます。

その後は、ミリオンとまー様の

デェットダンス。

ミリオンのまー様を見る視線が

なんとも言えなくて・・・

こちらまで、ジーンとしてしまいます。

素敵なコンビです。


楽しいショーでした。

ふた作品とも面白いので、

ぜひ観劇をお勧めします。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月2日日曜日

仮面ロマネスク

四月なのに冷たい雨の中

神奈川県民ホールへ

エイプリルフールネタもあった

仮面ロマネスクでした。

今回は、ゆきちゃん(仙名彩世)に

注目した観劇でした。

センターから堂々と出てくる姿。

背が低いのが、残念です。

ワッカのドレスは身長がある方が

見栄えがしますからね

声が綺麗で滑舌も良いので、

観ていても安心感があります。


みりお(明日海りお)との身長差並びも良いですね。

まずまずのコンビです。



ダンスニー役の柚香光

チャーミングです。

場をさらう程です。

やはり、目を引く、

人気があるのには、頷きます。

セシル役のしろきみちゃん!(城妃美怜)

綺麗で、華やかな顔立ちですね。

舞台栄えする。

バルモン男爵に手籠めにされた後に

会う時の表情が、辛そうなのが

ひしひしと伝わる。


トゥールベル婦人のベーちゃん(桜咲彩花)

ゆきちゃんよりは、あっさりしているけど

自然な演技に私は好感。

これは、好みが分かれるかも

良かったと言う友人と

うーんと言う友人と分かれましたね。

アラゾン役のマイティ(水美舞斗)

の笑顔にほっこりする。

もっと出番があったら良いのにと

思える存在感。

成長著しい。

カレイと同期で、出遅れたけど

ゆっくり育てて大きく咲かせて欲しい。

見守りたいです。


みりお(明日海りお)

安定のトップ。

楽しんで演じていて

余裕を感じます。

ただ、細くて心配です。


伝説のエキサイター!

真飛聖のトップ時代の花組を

観劇してなかったので、

期待してました。

客席降りもあり、大盛り上がり。

たまたま、席の後ろが通路だったので

みりおにタッチして貰いました。

小さくて、少し冷たいお手手。

あんなに動いてるのに

触れた瞬間に

どうして冷たいのだろう?

と思いました。

そして、前をみたら

斜め前に

マイティ!

思わず「マイティ!」と

叫んでしまい、両手で

お手振りしている私。

マイティも気がついてくれて

満面の笑みで手を振り返してくれました。

そしてその横には、べーちゃん!

もう、大興奮で無意識のうちに手を振ると

指差しポーズしてくれました。

もう、私、ノックアウト!

嬉しくて、キャーと雄叫びをあげてしまった。

可愛い💕

全国ツアーは客席降りが

あるので、お得感がありますね〜

さて、デェットダンスについてですが、

「歌劇」にもみりおちゃんとゆきちゃんの

対談に書いてあったのですが、

ゆきちゃんが「ガーッと踊ってしまうので、

気をつけなければと思っています」

と書いてありました。

その通り、デェットダンスは

噛み合ってないし、

しっとり感がなくて、

イマイチなのが残念です。

今後の課題ですね。

きっと克服してくれるでしょう。



主題歌が、昭和の歌謡曲ぽい。

藤井大介ショーそのものでした。

藤井先生のショーって

人気ですね。



中華街で食事をして、

興奮を分かち合い

楽しくおしゃべりして

帰路に着く頃には

雨も止んでいました。

楽しい観劇だった!




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村




2017年3月29日水曜日

星組新人公演の感想が届きました。

いつものムラの友人。

昨夜、ものすごい興奮して電話が掛かってきました。

ツイッターでも

絶賛のくらっち(有沙瞳)!

私も予想はしていたが、

かなりの高評価で嬉しかった。

そして、ムラの友人の確かな感想を直接聞けて

嬉しいし、安堵した。

そう、私、くらっち推しです。

雪組の「伯爵令嬢」での確かな演技。

役者の基本の滑舌の良さ、声の美しさ。

今回、星組に組替え、そして、新人公演の主演が決定して

喜んでいました。

そして、評判も良くて・・・

我が子が褒められたような気分。

東京の新人公演が待ち遠しいです。

運よく友の会で当たっているのです。

ワクワクです。




それでは以下が友人からの感想です。



スカーレットピンパーネル新人公演


もの凄く良かった!

客席は、大絶賛でした。

観劇前からそうなるだろうとは思ってたけど、

まさに期待以上の出来でした


天華えま
元々華があり、実力もある
歌いだしこそ声が震えていたけど
だんだんと落ち着いてきて
真ん中に立てる人だと確信した。
将来はありちゃん(暁千星)と
 共に劇団を背負っていく存在になると信じている。

有沙瞳
声が綺麗、滑舌がいい、歌が上手い
ちょっと大人っぽい顔が 
今回の作品には合っていて 
存在感のあるマルグリットだった
       終盤、見せ場の1人のソロ 
      
        『ひとかけらの勇気』は聴かせましたね
本当に良かった。星へ組み替えしてきて良かったと思います

 遥斗勇帆
この人の歌が聞きたくて、聞きたくて
絶対凄い(いいな、のレベルではない)と思ってた‼  
   余談だが、バウのカンツォーネは、

      衝撃的でした。
とにかく圧倒的な歌唱力です
滑舌の良さ、声の質、張りのある声  
        のびやかな歌声  

         そして演技も、まさに期待を良い意味で裏切った。
その上、ショーブランという適役を演じるにあたっては、
 背の高さや体格がプラスしていました。

          本当に新人公演に出る下級生なのかと思う位の存在感でした

宙組の瑠依蒔世と共に、もっともっと使ってほしいと思います
劇団にとっての宝物だと思う。


全体の評価ですが、

お芝居の中ではいろいろな場面で

笑いをとるところがあり、

どの場面もすべらず、

客席の笑いをしっかり取れてました。

これって、なかなかできそうで、できない。

今回の新人公演は大作で歌がたくさんあり、

コーラスもあり、少ない人数で民衆になったり

貴族になったり、またまた兵士になったりと

1人何役もこなしてる人もいて  

全員の力が必要な作品でしたが、

人数の少なさをあまり感じることなく

とても満足した新人公演でした   

観れて本当に良かった🌺





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村